ピラティスについて

ピラティスって体によさそうだからやってみたいけど、そもそもどんなもの?そんな疑問をお持ちのあなたへ。①ピラティスの歴史②ピラティスの効果 をシンプルにまとめてお伝えします。

その1 ピラティスの歴史・・リハビリのイメージが強いけど?

ピラティスはドイツ人ピラティス氏によって約100年以上も前に考案されたエクササイズ。戦地で負傷兵のリハビリとして用いられていたのは有名な話です。ただ、ピラティスエクササイズが世間に広く知られるようになったのは、のちに彼がアメリカに渡りニューヨークにスタジオを設けてからのこと。ショービジネスの盛んなニューヨークで多くのダンサー達がピラティス氏のレッスンを受け、その効果を実感したことがピラティスエクササイズが広まるきっかけとなりました。

その2 ピラティスの効果

~ピラティスで期待できる主な効果~

★正しい姿勢になり、肩こり・腰痛などの改善につながる

★ムキムキではない、しなやかな筋肉で引き締まったボディライン

★筋力・柔軟性が向上し、動きやすい疲れにくい体になる

★ 基礎代謝が上がり、冷え性・不定愁訴の改善

★中高年女性に多い尿漏れの改善

★転倒などロコモ予防 など

ではなぜこのような効果があると言われているのでしょう。ピラティスはABC→ A:アライメント(背骨や関節の配置) B:ブリージング(呼吸)C:コア(体幹部のインナーマッスル)を大切にして行うエクササイズ。このABCに基づいて「効果の理由」を説明します。

A:アライメント・・

ピラティスは姿勢改善にとても効果的ですが、それは「アライメント:背骨や関節の配置」を大切にしているから。静止時も動いている時も正しい姿勢・正しい動きを意識しておこなうエクササイズなのです。

アウトドアのテントを傾かないようにきれいに立てるにはロープの長さやテンション(張り感)が重要ですよね。人間の体に例えるとこのロープが筋肉と言うわけです。からだの特定の箇所だけモリモリに鍛えるとアンバランスになってしまいます。ピラティスで姿勢が整い全身が引き締まってしなやかな筋肉がつく、と言われる理由も分かりますよね。

B:ブリージング・・

ピラティスは胸式呼吸をもちい、肺・横隔膜・肋間筋(肋骨についている筋肉)といった呼吸に必要な筋肉を活性化し深い呼吸をうながします。呼吸が深くなると体のなかでの酸素と二酸化炭素(老廃物ですね)のガス交換がスムーズにできるようなり、血行促進、代謝UP効果につながります。また呼吸に必要な横隔膜は姿勢とも大きく関係しています。ということはピラティスの胸式呼吸ができると姿勢も整う、というわけです。呼吸は生きている間、止まることなく常におこなっているエクササイズ。現代人は呼吸が浅いと言われていますがあなたはどうですか?


C:コア・・

ピラティスでいうコアとは腹部のインナーマッスル「腹横筋・多裂筋・横隔膜・骨盤底筋群」のこと。ピラティスはこのコアを目覚めさせるエクササイズでもあります。 このコアの筋肉は胴部(お腹周り・背骨)・骨盤部についていてコルセットのような役割をしています。正しく働くことで体の強い軸が作られ背骨や骨盤が安定します。よく「体幹が強い」と言いますが、それに近いイメージです。

さらに背骨1つ1つの動きにも関係しているので、コアが正しくはたらくと背骨1つ1つが正しく動き、安定感もある→背骨の1か所に負担をかけることがなくなる→腰痛等の改善につながる、というわけです。多くの女性が気にしている骨盤底筋群はお鍋の底のような役割であなたの内臓を下から支えています。内臓が下がってポッコリお腹、お手洗いがちかくて我慢できない、、ということも骨盤底筋群が正しくはたらくことで改善が期待できます。

ピラティスのABCをベースにピラティスの効果をまとめてみました。①正しい姿勢を意識する②正しい呼吸を身に付ける③背骨を支えるお腹のインナーマッスルを使う(意識する)。シンプルですよね。でも、できていない、自分では分からない、という人が多いのが現実。ぜひレッスンでその効果を実感してみませんか。

そくわん症の方へ

ピラティススタジオトアーでは脊柱そくわん症の方へのレッスンも提供しております。詳しくは「脊柱そくわん症とピラティス」のぺージでご案内しております。

Impressions & Blog


Instagram、Twitter

LINEで予約・問い合わせ

スタジオトアー 公式LINE ID  →@832wpmlt

 

友だち追加

最近の記事

Access

  • 店舗名:
  • Pilates Studio TOR(ピラティススタジオトアー)
  • 住所:
  • 東京都葛飾区新小岩2丁目21-7 ロックヒルズ101
    (JR総武線新小岩駅南口徒歩5分)

  • 電話:
  • 090-4112-1693
  • 営業時間:
    • 平日10時 ~ 20時、土日祝日10時~17時 水曜定休(その他臨時休業日あり)
PAGE TOP