腰痛の原因を徹底解明

あなたの腰痛はどのタイプ? ~「見える腰痛」と「見えない腰痛」~

今や国民病ともいえる腰痛。この腰痛は「見える=原因が分かる腰痛」「見えない=原因不明の腰痛」の2種類に分けることができます。
レントゲン、CT検査等で痛みの原因が見える腰痛のことを「特異性腰痛」といい、主な症例として圧迫骨折、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊椎分離症、すべり症等骨自体の変形やずれが見て取れる症状のことを言います。

そして、レントゲン等では痛みの原因が見えない腰痛を「非特異性腰痛」といいます。
非特異特性腰痛を引き起こす主な原因として「筋肉・骨格バランスの問題」「内臓疾患」「心理的ストレス」があげられますが、現在、腰痛で悩んでおられる方の80%がこの「非特異性腰痛」に該当すると言われています。

このように「腰痛」と言ってもその原因は様々。当然改善方法も異なります。
まずはご自分の腰痛の原因を知ることが大切です。

見える腰痛「特異性腰痛」の具体例としくみ

脊椎圧迫骨折

背骨は「椎骨」という骨のブロックの積み重ねでできていますが、その椎骨が圧迫され押しつぶされ変形してしまう骨折のことを脊椎圧迫骨折といいます。

「骨粗鬆症(こつそしょうしょう)」は圧迫骨折の主な原因と言われており、閉経後の女性は特に注意が必要です。

起き上がったり姿勢を変えたりした際に痛みが出やすいのですが、安静にしている時は痛みを感じにくく見過ごしやすい症例でもあります。残念ながらつぶれた椎体は元の形には戻りませんが、そのまま放っておくと背骨全体のバランスが崩れ、健康な椎体にも悪影響を及ぼすことになります。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは椎骨間のクッションの役目をしている椎間板(繊維輪)に亀裂が入り、その中にある髄核が飛び出し神経を圧迫することにより痛みが生じます。場合によっては足のしびれを伴うこともあります。
椎間板に亀裂が入る原因として椎間板自体の変形(老化)と腰への過度の負担があげられます。
クッションの役目を果たす椎間板を消耗させないためにも、背骨の正しいカーブ=正しい姿勢を保つための筋力が必要となります。

脊柱管狭窄症

文字通り「脊柱の管が狭くなる」症状です。椎間板の変形や椎骨のずれ等で脊柱管が狭くなり、なかを通る神経や血管が圧迫されることで痛みを発症します。ひどくなるとお尻や脚にも痛みやしびれが起こります。
また脊柱管狭窄症は、歩くと痛み・しびれが起こるが、少し休むと痛みが引きまた歩けるようになる、という特長的な症状があります。
治療としてはコルセットで腰を安定させる手段がありますが、症状がひどくなると手術も要する場合もあります。

脊椎分離症、すべり症

脊椎分離症とは椎骨1つ1つにある棘突起・横突起という骨の棘の部分が折れて断裂してしまう症状です。
主な要因としては激しいスポーツによる疲労骨折があげられ、成長期の未発達の骨に過剰な圧が繰り返しかけられることで発症しやすいとされています。状況によっては痛みをあまり感じない場合もあります。

またすべり症は椎骨が前方に滑り出して脊柱の管が歪んでしまい、神経を圧迫して痛みが生じます。
実は若いころの分離症に気づかずそのままにしてしまった結果、中高年になってからの筋力の衰え、肥満体型等と相まって椎骨がさらに滑りやすい=すべり症になりやすい状態が引き起こされます。すべり症はひどい場合は腰だけではなくお尻・脚にも痛みが生じます。

筋のアンバランスが原因の見えない腰痛「非特異性腰痛」

猫背、左右差、ストレートネック等、いわゆる悪い姿勢は「非特性腰痛」の大きな要因のひとつです。
このような姿勢のアンバランスは筋肉の緊張や脆弱化、関節の動きの制限、間違った体の使い方等により引き起こされます。また、腰が痛いからと言って原因は必ずしも腰だとは限りません。その痛みがどこから来るのか、体全体のバランスを考える必要があります。

背骨のカーブからみる腰痛

人間の背骨は横から見ると緩やかなS字のカーブ(生理的湾曲)を描いています。このカーブがあることで背骨全体がバネのような役割を果たし、歩いたり走ったりした際の衝撃が脳に直接伝わらないようにもなっています。
この衝撃を逃す自然なカーブがきつくなったり、反対にカーブがなくなり背骨がフラットな状態になってしまうと、背骨1つ1つの動きが制限され、周りの筋肉や関節に必要以上に負担がかかってしまい、その結果腰痛を引き起こすケースがあります。
また正しいカーブがくずれていくことにより、椎間板ヘルニア等の「見える腰痛」につながるリスクもあります。

体幹のパワー不足からみる腰痛

お腹周りの骨格は背骨しかありません。その背骨と肋骨、骨盤を正しく安定させておくために体幹部には多くの筋肉があります。
特にお腹の深部にある「腹横筋」はコルセットのようにお腹周りを取り囲み、その役目を果たしています。
この筋肉がしっかりと働いていると腹圧が高められ、腰部への負担が軽くなりますが、筋力が不足していると骨盤の位置が不安定になり、腰部への負担が大きくなります。
また内臓を正しい位置におさめることも困難になるため、結果として内臓機能の不調→腰痛とつながっていくケースもあります。

足の問題からみる腰痛

足は身体の土台です。その土台が正しく機能していないと当然、その上にある身体のパーツも影響を受けることになります。
例えば足首がねじれていると、そのねじれを膝や股関節、骨盤を使って調整しようとします。骨盤は脚と背骨、つまり下半身と上半身をつなげている部分なので、下半身の負担・ねじれは上半身にも伝わり、結果として腰痛につながる可能性があります。
また足底のアーチがつぶれている偏平足も着地のショックがダイレクトに体に伝わるため、身体への負担を大きくする要因と考えられます。

ギックリ腰はなぜ起きる?

「魔女の一撃」とも言われるギックリ腰は急性腰痛症の一種で椎間関節やじん帯、筋膜等に発症します。
通常、足の捻挫等は激しく捻ったりした場合に起こりますが、ギックリ腰は掃除機をかけている時、床から物をもちあげようとした時、くしゃみをした時等日常生活の動作の中で起こるケースが少なくありません。
ギックリ腰が発症しやすい条件として運動不足による筋力低下、腰回りへの疲労蓄積、加齢による老化等が上げられます。普段から正しい姿勢を心がけること、適度な運動をすることが予防策となります。

Impressions & Blog


Access

  • 店舗名:
  • ピラティス Studio TOR(トアー)
  • 住所:
  • 金沢市尾山町5-3 セブンハイツ401
    (金沢駅より車5分、徒歩15分。バス停:南町・尾山神社、武蔵ケ辻・近江町市場より 徒歩3分)

  • 電話:
  • 090-4112-1693
  • 営業時間:
    • 10:00 ~ 20:00
PAGE TOP